ヘアメイクの勉強をして就職探し【就職先をチェック】

和装や洋装

ファッションといってもいろんな種類がありますので、ヘアメイクの仕事をするならどのジャンルに対応できるか、身に付けておくべき技術は何か知っておくべきです。

ヘアメイクアップアーティストの仕事内容

  • ヘアメイク
  • 新商品の開発
  • メイクアップのみ
  • ヘアデザインのみ
  • ドレスの着付け
  • 和服の着付け
  • ブライダルメイク
  • サロン経営

ヘアメイクの勉強をして就職探し【就職先をチェック】

レディ

就職先を考える

ヘアメイクや服飾の勉強ができる学校とはほとんどが専門学校です。専門学校は大学や短大などとは異なり、その業界で働くための技術を教えるところが多いです。そのため、専門学校を選ぶなら就職先を視野に入れるべきだといえます。

ウーマン

何種類もある

美容師なら美容室に就職する可能性が高いですが、ヘアメイクは様々なジャンルがあるので最初からどこで働くかを想像できないかもしれません。ブライダル業界で働くなら豪華なヘアメイクを施す技術が必要ですし、映像撮影の現場ならその雑誌や作品の雰囲気に合わせる必要があります。専門学校では最初に基礎知識を身に付けてもらい、そのあとコースが分かれることが多いのはこのためです。

美容室

業界で働く想像をする

業界によって働き方が違うので、具体的に卒業生や経験者から話を聞くと良いでしょう。
・動画関係…メイクの仕方が屋外の状況によって異なり、動画の前後関係も考えてメイクする。
・ブライダル…写真だけでなく、舞台で映えるようにヘアメイクをする。
・雑誌…照明やカメラマンと連携してメイクを考える。
以上のような働き方のコツがあります。

コネクションを活用しよう

メイクに興味があるなら独学で勉強し就職することもできますが、やはり経験者の声を聞きたいものです。そのために学校を活用するという人もいます。

広告募集中