必要な道具も含めて東京のネイルスクールに通う計画をしよう

技術職には道具が必要

メイクやネイリストという職業には道具がつきものです。良い施術をするなら必要な道具を揃えなければなりませんので、学校の費用も含めて計算しなければいけません。

ネイルをする際に必須な道具一覧

  • キューティクルリムーバー
  • エタノール
  • コットン
  • やすり
  • バッファー
  • プッシャー
  • ニッパー
  • ライト
  • ブラシ
  • ブラシ置き

必要な道具も含めて東京のネイルスクールに通う計画をしよう

手

費用をチェック

ネイルスクールは専門学校で、社会人も多く通います。そのため、入学金や授業料が多くかかってきますので、通う前に費用を計算したいという人もいるでしょう。ネイルスクールごとに費用が変わってきますが、このとき期間や学べる内容も確認しながら選ばなければなりません。

ネイルチップ

基礎講座からプロを目指す人まで

東京の学校では、期間が長く、授業内容が多岐に渡るものほど授業料は高くなっていきます。しかし、エキスパートを養成するコースはスタンダードコースと同じような30万円ほどの授業料で済むことがあるのです。これは、すでに技術を身に付けた人に対して行なわれるためで、ネイルサロンで経験を積んだ人向けの内容であるためです。

持っている技術に合わせて選ぼう

さらに技術を積みたい人はエキスパート講座へ、基礎から学びたい人はスタンダードな講座選びをすると良いので、まずは資料請求して講座を調べてみましょう。

広告募集中